不動産を知り尽くした弁護士が相続問題を解決します。

バナー

相続に強い弁護士事務所

背景上側画像

不動産の価値を知り尽くした名古屋の弁護士が相続問題を解決

梅村正和

不動産評価と法律 2つを兼ね備えた相続問題の専門家

リアルバリュー法律事務所の代表弁護士である梅村正和は、金融機関勤務、そして不動産鑑定士の資格と異色の経歴を持ち、45歳の時に弁護士となった遅咲きの弁護士です。

その独自の経歴(強み)を活かして、金融機関の経験を「借金問題の解決・経営視点でのアドバイス」に、不動産鑑定士の経験を「遺産相続の解決・不動産取引トラブルの解決」へと活かすことで、実践的な提案をして相続に関する相談者様のお悩みを解決いたします。

また、老人ホームへ出張して相続の相談なども行なっており、ひとりでも多くの人が争うことなくスムーズに遺産分割や相続ができるように全力でサポートしております。

相続問題はお任せ!遺産分割コース

裁判をする前にやりたいこと、やれることはたくさんあります。下記のようなご要望をお持ちのご相談者様のために、まとめて気軽に頼める「遺産分割コース」をご用意いたしました。

  • 後で争いが起きないようにしっかりと相続の手続きを進めたい
  • 争うことなく遺産分割するためのアドバイスが欲しい
  • 今ある遺産分割案が妥当なのかどうか法律の専門家の目で確かめたい
  • 相続の問題で弁護士に頼むことまでは、まだ考えていない

遺産分割コース

相続財産である個々の不動産を適正に評価して公平な遺言作成や遺産分割が可能です。
正式な鑑定評価書作成ではない簡易評価はどのコースでも無料でお作りいたします。

- 対象 レポート作成 金額
A 資料などは揃っており、弁護士の意見が欲しい方 遺産分割にあたっての意見書を作成いたします。 20万円
B 資料が揃っておらず、問題点もはっきりしていない方 遺産分割に関する資料を集め、それらに基づくレポートを作成たします。 30万円
C 遺産分割協議も含め、全てを弁護士に任せたい方 資料に基づくレポート作成に加え、依頼者の代理として弁護士が遺産分割協議に参加いたします。 70万円
相続相談のお申込み
背景下側画像

トップへ戻る

背景上側画像

不動産がわからなければ相続も遺産分割もできない

不動産(土地と建物)に無頓着な相続・遺産分割は大きな損失を招き、兄弟姉妹・親戚の関係も悪化します

不動産は相続・遺産分割の核となります。土地や建物を相続する場合はもちろん、非公開の株式を相続した場合には、その株式の価値はその会社が保有している不動産の価値に左右されることが多々あります。このような場合にも不動産の価値がわからなければ適切な相続や遺産分割はできません

また、親の会社を兄弟の誰かが継いだ場合、実際にどれほどの価値のものを継いだことになるのかは、その会社が所有している不動産の評価がわからなければ判定できません。

さらに、不動産には様々な種類があり、不動産評価を得意分野とする法律の専門家でないと、その不動産の評価を間違えて判断してしまうことが多々あります。

不動産の画像

法律の専門家による適切な判断が、相続問題の解決に繋がります。

たとえば大規模な土地、形状が不整形な土地、建築基準法その他法令上の規制が強くかかっている土地、地上権や地役権など特殊な権利がからんでいる土地、これら特殊な土地については不動産評価のプロとアマとでは、まさに桁が違う評価額になることがよくあります。

土地の中には、区画整理地内の保留地のように登記そのものがない土地もあります。このような特殊な土地の場合、不動産に詳しくない人では、評価どころか、土地の存在についての調査すらできないということもあります。

不動産鑑定士の実務を長年こなしてきた者は、通常では評価や調査が難しい不動産についても的確な判断をすることができます。不動産について的確な判断をすることができれば、当然に相続や遺産分割も的確にできるということになります。

不動産の素人によって不的確な相続・遺産分割がされてしまったときには、大きな損失をこうむったり、兄弟姉妹間や親戚との間の関係が悪化してしまうことが起こりがちです。
それを考えれば不動産鑑定士の資格を持つ弁護士に相続・遺産分割に関係する案件について依頼することのメリットははかりしれません。

兄弟姉妹など親戚間の関係を破壊しない相続・遺言が大切

相続の画像

「俺の子供たちは俺が死んだあともうまくやっていくだろう」が仇(あだ)になった例もあります。

どんなに仲がよい兄弟姉妹であっても、それぞれが家族や仕事を持ち、それぞれの生活圏を形作っていると、相続や遺産分割をなあなあで済ますことはできません。相続問題さえなかったら仲の良い兄弟姉妹だったのにという例は数多くあります。

相続人の間での争いを無くすためには、相続争いが起こる前に事前に弁護士に相続や遺産分割について依頼することが最適です。

遺言の作成にあたっては、何を誰に相続させるのかという割当についてのアドバイスを弁護士から受けることができます。この場合に不動産の価値がわからないと不平等な割当をしてしまうおそれがありますが、不動産鑑定士の資格を持つ弁護士であれば、そのようなことはありません。

また、実際に相続が開始した後でも、相続財産を相続人の間で平等に遺産分割するにはどうすれば良いかというアドバイスも不動産鑑定士の資格を持つ弁護士によって的確にすることができます。

相続相談のお申込み
背景下側画像

トップへ戻る

WEBでは24時間受付中
オフィシャルサイト

リアルバリュー法律事務所の
オフィシャルWEBサイト

ブログ

弁護士ブログ「デンカの宝刀」

ブログ

名古屋の弁護士・梅村正和のブログ

法律事務所

【リアルバリュー法律事務所】
〒466-0006
名古屋市昭和区北山町3丁目
10番地の4

FREE:0120-987-976

24時間年中無休受付

メールでのお問合せ